Apple Watch レビュー

【レビュー】Apple Watch SE Nike 新色スポーツバンドモデルが届きました!

上海からのお届けもの。

こんばんは Pleasure!!@管理人です。

先週 Appleから発売された「Apple Watch SE」を、予約開始から数時間後に購入したんですが 待てど暮らせど まったく自宅に届かず、長〜い道のりを経てようやく自宅に届きました。

今回は「Apple Watch SE Nikeモデル」の開封フォトレビューを簡単ではありますがさせていただきます(^-^)

スポンサーリンク

Apple Watch SEとSeries 6の違い

Apple Watch」は、毎年 Seriesナンバーとして 新モデルが発売されており、今年もSeries 6が新作として発表されましたが、普及機種モデルとして「Apple Watch SE」も同時発売になりました。

今回 ワタシが購入したのは「Apple Watch SE Nike 40mm GPS + Cellularモデル」となります。

SEモデルを選ぶポイント

気になる 本家「Series 6」と 「SE」モデルの違いですが、

Apple Watch SEには

血中酸素濃度センサーがない
心電図(ECG)センサーがない
常時表示ディスプレイができない

と、大きな違いは 上記3点くらい。

厳密にいうと心電図センサーは日本ではまだ利用できないので、常時表示ディスプレイと血中酸素濃度センサーが必要でなければ Apple Watch SEが選択肢に入ります。

ケースサイズやバンドサイズは 両モデルとも共通で、ApplePayも使える SEモデルが 29,800円から買えちゃうというのは かなりのコスパウォッチと言えますよね。

といっても Series 6は 最速のチップを搭載し、豊富なケースカラーやケース素材を選ぶ事ができるので 機能の必要性に応じて どちらが自分に適しているのかを判断すればいいかと思います。

Apple Watch SE Nike 開封の儀

それでは 久しぶりの開封の儀です。

パッケージは Apple製品らしく シンプルで素敵。

2年前に購入したSeries 4は 箱が白だったのですが、Nikeモデルは、箱がブラックになっているんですね。

関連記事
【レビュー】Apple Watch Series 4への機種変更完了!オシャレ度はどれくらい?

薄くなったのかな? ご報告が遅くなりましたが ドコモオンラインショップで 予約注文していた Apple Watch Series 4 GPS + Cellular(セルラー)モデルが 無事に届きました ...

続きを見る

ボックスを開封すると、Apple Watchの登場。

本体ボックスには Apple Watch SE本体と、充電ケーブルが収納されています。

ちなみに 電源アダプターは付属していませんでした。

Designed for athletes by Apple and Nike

Designed for athletes by Apple and Nike

ナイキとアップルによって アスリートの為に設計しましたって感じ?

ワタシは アスリートではないですけど、箱を開けてからの演出は流石です。

40mm ケース

Apple Watch SE Nikeモデルは、ケース素材がアルミニウムのみの展開で ケースカラーは シルバーかスペースグレイから選択できるのですが、ワタシはバンド交換をした時に デザインマッチングが良さそうなシルバーケースをチョイスしました。

関連記事
【レビュー】Apple Watch用 BRG製 ゴールドミラネーゼループが純正並に品質が良かった件

模造品と呼ぶのか 互換品と呼ぶべきか。 先日 嫁氏用に購入した Apple Watch Series 4 GPS + セルラーモデルですが 嫁氏は付属バンドであるウーブナイロンの色合いがどうもお気に召 ...

続きを見る

背面には ナイキのロゴが刻印されているのが素敵ポイント。

アルミニウムケースは、ステンレススチールのケースと比べると 強度も弱いし 輝きも違うわけですが ワタシは ランニングというかウォーキング用として使う予定なので、軽いアルミニウムケースの方が適しているのかな。

新色ブルーブラック・ブライトマンゴー

選んだスポーツバンドは 新色となる「ブルーブラック/ブライトマンゴー」です。

ブルーなのかブラックなのか よくわからないネーミングですねw

スポーツ系のバンドを選択すると サイズ違いのバンドが2本付属されるようで、Nikeモデルも同様です。

短いほうのストラップバンドは、手首の細い女性や子供が着用するのには大変ありがたいので 2サイズ同封は嬉しい配慮です。

ベースカラーは、深みのある青みかかったブラックで、写真では 通気穴のカラーが ややピンクに見えますが 実際にはオレンジ寄りのカラー。

なんか タコの吸盤っぽく見えますが ブライトマンゴーというカラーなんだそうですw

スポンサーリンク

Apple Watch SE Nike 40mm(GPS + Cellular)

開封の儀も終わり さっそく本体と新色スポーツバンドを装着しました。

シルバーケースとブラック ブルーブラックが基調とされるスポーツバンドとの相性は なかなかのモノです。

40mmサイズの装着感

Apple Watchの悩ましい問題である 40mmか44mmのサイズ選択ですが、ワタシは迷わず 小さいほうの40mmを選びました。

ご覧の通り着用した正面からの見た目が、40mmサイズだと 実に時計らしく、ケースとストラップとのバランスがとてもいいと感じます。

実用性からして 44mmのほうがディスプレイが大きく操作性も優れていることは解りきっていますが、44mmサイズは 腕に装着したときに手首をディスプレイが覆ってしまい時計っぽく見えないんですよね。

まぁサイズ選びに関しては、腕回りの太さにもよりますし、時計としての見た目を重視するのか または実用性を取るのかは 人それぞれですので 他人の意見ではなく自分がいいと思ったサイズを選びましょう。

Apple Watch SE Nikeモデル まとめ

いかがだったでしょうか。

Apple Watch SEは、Series 6の高機能センサーを一部省いたモデルになりますが 29,800円から購入できる最高のコストパフォーマンスを誇るスマートウォッチです。

またワタシが購入したセルラーモデルなら ファミリー共有設定を利用して 近い将来、子供のキッズケータイとしても譲れるようになるので 子を持つ親としては非常に利用価値の高いApple Watchだと感じました。

普段は 機械式時計を着用しているワタシですが、まずはランニング用途として利用してみて これからApple Watchの利便性をもっと体験してみたいと思います(^-^)

 

-Apple Watch, レビュー
-

© 2020 Pleasure!!