ハワイ レビュー

【宿泊記】ヒルトンハワイアンビレッジに泊まるならレインボータワーのオーシャンフロントがオススメです!

投稿日:2018年12月26日 更新日:

ずっと眺めていたい景色がそこにはある。

こんばんは。

ハワイ旅行記を沢山綴りたいのに 忙しくて投稿がままならない管理人ですw

前回は、ホノルル空港から事前決済で手配したチャーリーズタクシーが 超絶便利だったお話をしましたが いかがだったでしょうか??

今回は いよいよ宿泊先である「ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ワイキキビーチリゾートレインボータワーのスイートルーム宿泊レポートをお送りいたします!

スポンサーリンク

ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ワイキキ・ビーチリゾートとは?

ワタシが初めてのハワイ旅行で宿泊先に選んだのは 「ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ワイキキビーチリゾート

ヒルトン・ハワイアンビレッジの立地は ワイキキのショッピングエリアからは 少し離れていますが ホテル内には スタバABCストア(コンビニみたいな店)そしてワイキキエリア内で大人気となっているアクティビティプールが6個も完備しています。

さらにヒルトン・ブランドならではのラグーンプライベートビーチを備えていて その名の通り「ビレッジ」なホテルとなっています。

ヒルトン・ハワイアンビレッジ は 巨大リゾート地

敷地内には池も!魚や亀達が暮らしてます

ヒルトン・ハワイアンビレッジの広大なホテル敷地面積は 9ヘクタールもあり 東京ドーム約2個分の大きさで 敷地内には下記のように7種類もの特徴あるホテルタワーが混在しています。

タワー名 特徴
アリイ・タワー オバマ元大統領も宿泊した高級タワー
レインボー・タワー プライベートビーチ&ラグーンが最も近いタワー
カリア・タワー 最新のタワー
タパ・タワー プール&ショッピングエリアが近いタワー
ダイヤモンドヘッド・タワー タワー内では 一番リーズナブルでレストランに隣接
ラグーン・タワー コンドミニアムタイプのタイムシェアオーナーのみ宿泊可
グランドワイキキアン タイムシェアオーナーのみ宿泊可

レインボー・タワーは 全米No1のビーチが目の前!

ワタシ達が宿泊したのは「レインボー・タワー」で目の前に広がるデューク・カハナモク・ビーチは、2014年にアメリカの著名なビーチランキングで第1位を獲得したビーチが目の前に広がり 日本人には一番人気となっているタワーです。

ヒルトン・ハワイアンビレッジのランドマークタワー

レインボー・タワーの特徴は やはりこの外観。

シンボルである虹の柄がモザイク調になっていて ホテル壁面に描かれています。広大な敷地内で迷ってしまっても このシンボルがあるので 目印にもなりますね。

スポンサーリンク

レインボータワー宿泊客は メインロビーでチェックイン

ヒルトン・ハワイアンビレッジレインボー・タワー宿泊客は メインロビーでのチェックインになります。

高級扱いの アリイ・タワーではホテルロビー内にアリイ客専用チェックインカウンターがあるらしいのですが その他のタワー宿泊客は メインロビーでのチェックインになるようで時間帯によっては 行列ができるほど混雑します。

チェックインカウンターは 複数あり

チェックインカウンターは いくつかありますが ワタシは ヒルトン公式サイトから予約したため ヒルトンオナーズ会員専用カウンターで チェックインしました。

ヒルトンオナーズとは?

入会金・年会費無料の会員サービスで ヒルトンホテルに宿泊するとポイントが貯まったり 専用カウンターでチェックインできる正規ホテルサービス

公式サイト

関連記事
ヒルトンハワイアンビレッジのスイートルームを予約しました!半額セールのメリットデメリットは?

スイートルームが 半額 ですよ。 ヒルトンの公式サイトで 不定期に実施されている期間限定プレミアムセールで タイミングよく希望しているホテルのセールが行われていました。 セール名称は「ヒルトン・ハワイ ...

続きを見る

ヒルトン・ハワイアンビレッジ 日本語は通じる?

画像はイメージです

ヒルトン・ハワイアンビレッジのチェックインカウンターには 日本語が話せるスタッフが常駐していると予約時に聞いていたので安心していたのですが 実際には ワタシ達を応対したスタッフは 一切日本語が通じず カタコト英語でのチェックインを行うはめになりましたw

ネイティブ英語のスタッフに ヒルトンオーナーズ会員であることと 予約番号を伝えたら パスポートでの本人確認が行われ そのあとにクレジットカードをチャージするとルームキー(カード)やホテルガイド一式を受け取ることが出来ます

ルームキー(カード)が貰えたので 一瞬アーリーチェックインができるのかと思いましたが、最後に「部屋が用意出来たら アンタの携帯にメールを送るよ!」みたいなことを言われ 時間は掛かりましたが 英語が話せなくても なんとかチェックイン完了となりましたw

あとで気がつきましたが ワタシ達の横で別の宿泊客を応対していたスタッフは 明らかに日本語会話で応対していたので タイミングが悪かったのかなと。

ココがポイント

日本語で応対して欲しい場合は 日本語スタッフを呼んで貰えるようです

ヒルトン・ハワイアンビレッジのスーツケースを預ける場所

ヒルトン・ハワイアンビレッジのメインロビーでチェックインした場合、チェックインカウンターから 一番左端に行くと スーツケースを預けるカウンターがあります。

荷物を預ける際は、引き換えに「伝票」が貰えるので紛失しないようにしましょう!

娘氏
パパ 落とさないでよ!

レインボータワーのエレベーターは 最先端!

こちらがレインボータワーのエレベーターフロアです。

ヒルトン・ハワイアンビレッジのレインボータワーは 宿泊客が多いこともあって エレベーター数は非常に多く ほとんどエレベーター待ちというのがありませんでした。

奥には DVDのレンタルマシーンが設置されています。

【注意】エレベーターの中には 階数ボタンがない

ヒルトン・ハワイアンビレッジのエレベーターは 壁に設置してある液晶付操作パネルに 自分の部屋回数を押すと液晶画面に乗り込むべきエレベーターのアルファベットが表示されます。

乗り込む前に回数ボタンを押して 液晶画面に Dと表示されたら Dのエレベーターに乗り込みましょう。

ワタシは はじめにボタン操作をせず そのまま乗り込んでしまって 大慌てしましたw
幸いなかにおられた外人さんから 降りるときに教えていただきましたが エレベーター内にボタンがない!と慌てふためいていたのでかなり恥ずかしかったですw

娘氏
ロビー(1F)に行く場合は「 L 」を押すのよ!

スポンサーリンク

ヒルトン・ハワイアンビレッジ レインボータワー
ジュニアスイート レポート!

ワタシ達が 宿泊したのは レインボータワーの26階、ジュニアスイートと呼ばれる部屋。

ヒルトン公式サイトで 半額セールを開催していた時に予約をした部屋です。

半額!
ヒルトンハワイアンビレッジのスイートルームを予約しました!半額セールのメリットデメリットは?

スイートルームが 半額 ですよ。 ヒルトンの公式サイトで 不定期に実施されている期間限定プレミアムセールで タイミングよく希望しているホテルのセールが行われていました。 セール名称は「ヒルトン・ハワイ ...

続きを見る

ジュニアスイートの特徴

約66㎡の広さ
オーシャン・フロントビュー
ダイヤモンドヘッドビュールーム
2つのバルコニー
バス・トイレが個別

なんといっても 広すぎる部屋が特徴ですが 家族4人でも この大きさは持て余しすぎでした(^-^)

レインボータワーのオーシャンフロントビュー

レインボータワーは 以下2種類のビュー・ルームが存在します。

オーシャンビュー

オーシャンフロントビュー

オーシャンビューは ラグーンを部屋から見ることができ オーシャンフロントビューは ダイヤモンドヘッドを眺めることができます

泊まるなら オーシャンフロント!

レインボータワー(31階建)で 高層階(26階)のラナイ(ベランダ)から見えるフロントオーシャンの景色は ご覧の通りです!

ワイキキビーチに加え、ダイヤモンドヘッドが いい角度で眺めます!

まさに絶景(^-^)

ラナイから下を覗いてみると スーパープールと アリイ・タワー1Fの Tropics Bar & Grill (トロピックス・バー&グリル)というレストランを見下ろせます。

ラナイからの夜景

ラナイにある快適なチェアに腰をおろしワイキキの夜景とダイヤモンドヘッドが臨める絶景 そしてハワイのトロピカルな気候を満喫できるのは フロントオーシャン側の特権です!

ココがおすすめ

ジュニアスイートは ラナイが2個あるので 家族みんなで願望できますよ!

ベッドは キングサイズが1台とソファーベッド

ジュニアスイートの標準仕様は 寝心地がとてもいいフカフカのキングサイズベッドが1台です。

壁側には特大のソファーベッドテーブルが備えられており  ホテル内で買ってきた朝ごはんも 広々と食事することが出来ます。

巨大なソファーベッドは 夜になると子供達の寝床となり あまりの快適さだったのか 連日子供達は寝坊しまくりでしたけどw

わたし
ソファーベッドは 大人でも 十分寝れる広さです!

ココがポイント

事前リクエストをしておけば ダブルベッド2台(別途料金)も可能

ベッドサイドは 充実

キングベッドのサイドテーブルには コンセントがあります。
日本のACアダプタも変換器なしで使え MacBookの充電やモバイルバッテリーの充電も問題なく利用できました。

アラーム時計も完備。
宿泊初日は 気がつかなかったんですけど この時計 USB端子が付いていて iPhoneの充電がコレで出来ました。こういうのは地味にありがたい。

スポンサーリンク

ビジネスデスクあり

ジュニアスイートには このようにビジネスデスクも完備しています。

といってもハワイに来てまで 仕事はしませんので 滞在中は荷物置きとして活躍してましたけどw

アメニティも充実

コーヒーメーカーも ちゃんとあります。

お湯も作れるので 夜中のカップラーメンにも対応!

意外と美味しかったのが こちらのコーヒー。

是非 淹れたての美味しいコーヒーをラナイ(ベランダ)で飲みながら 目覚めの一杯を味わってほしいです。

部屋のトビラ横には セキュリティボックス(金庫)。
アメリカだと セーフティボックスというのでしょうか?

4桁の数字を自分で決めて開け閉めが出来るタイプですので 外出しても余計な鍵を持つ必要がありません。

バス・トイレ・シャワールームは 個室!

洗面所には 足を伸ばして入れるバスがありました!
日本人は シャワーじゃなく 風呂に浸からないとね。

バスの横には 別で仕切られたシャワールームがあります。

バスとシャワールームが個別になっているのは ジュニアスイートならではでしょうか。

そしてパウダースペースは 大きくて 女性陣も満足な模様。

歯ブラシとか歯磨き粉は日本から持って行ってたので 備え付けの物は使っていませんが どうやら「歯ブラシ」は ホテル側では用意されていないようです。

スポンサーリンク

レインボータワー ジュニアスイートの残念なところ

ジュニアスイートのお部屋設備で ただ一点のダメなポイントがこちら。

なんと トイレが ウォシュレットではありません!

トイレが個室になっているのは有難いのだけど なぜに一般式普通トイレなのか(泣

軟弱なお尻を所有しているワタシにとっては死活問題でしたけど 日本から持って行った便利アイテムでなんとか乗り越えられたので まぁヨシとしますw

レビュー
ハワイ旅行 日本から持参して 凄く役に立ったアイテム3選!

持って行ってよかった。 以前からハワイ旅行準備編として何記事か投稿していましたが この度 ワイキキから無事に帰って来ました(^-^) 仕事と学校の都合上 3泊5日という強行スケジュールでしたけど 特別 ...

続きを見る

娘氏
アリイタワーには ウォシュレットが付いてるらしいわよ!

ヒルトンハワイアンビレッジ  レインボータワー 宿泊記 まとめ

初めてのハワイ旅行で宿泊した 日本人から大人気のヒルトン・ハワイアンビレッジ・ワイキキビーチリゾート・レインボー・タワージュニアスイートですが トイレがウォシュレットでなかったことを除きw 大満足のお部屋でした。

なんといっても高階層のフロントオーシャン側から願望できるワイキキビーチとダイヤモンドヘッドは 1日中ラナイに腰をかけて眺めていたくなること間違いなしです。

今回は ヒルトンの「スイートルーム半額セール」を利用しての宿泊だったので スタンダードタイプの料金とほぼ同額 超絶お得にレインボー・タワーのジュニアスイートに泊まれましたが この部屋の広さ、そして景観の良さはちょっと病みつきになってしまいますw

望むべきは 次回ハワイに訪れるまでに どうかトイレが自動洗浄に対応していますように!と祈りつつ ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ワイキキビーチリゾート レインボータワー宿泊レポートをお送りしました!

-ハワイ, レビュー
-, ,

Copyright© Pleasure!! , 2019 All Rights Reserved.