iPad

iPad mini 4のバッテリーが劣化?突然シャットダウンする原因を聞いてみた

投稿日:

iPad mini

こんばんは 管理人です。

2015年の発売日に購入した iPad mini 4なんですが 頻繁にシャットダウンする現象が出てきました。
つい先日も出張中での新幹線内で iPadをカバンの中から取り出してホームボタンを押した瞬間に いきなりのブラックアウト!

約3年半愛用している iPad mini 4ですが そろそろ限界の時期が近づいてきたのでしょうか..

今回はこの iPad mini 4の頻発するシャットダウンの原因と今後 買い換えるべきか修理すべきかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

iPad mini 4 突然のシャットダウン原因は?

ワタシは初代iPad mini が発売になってから 以後 iPad miniシリーズは 全て購入しています。
初代のiPad miniは iPad mini 2が発売になったと同時にヤフオクで売ってしまったので現在は手元にありませんが 我が家には合計3台の歴代 iPad miniが 利用頻度は違えど現役で活躍しています。

iPad mini 4 シャットダウン頻度

iPad mini 4が 突然シャットダウンする頻度は 概ね「1日1回」発生しています。

シャットダウンするタイミングは スリープ状態からホームボタンを押した時にシャットダウンする事が一番多いのかなと。
次いで 電子書籍を読んでる時も突然電源が落ちたりしますw

また合計3台のiPad miniのうち 今回のiPad mini 4のように頻発して電源が落ちるような現象は今までiPhoneも含めあまり遭遇したことがなく iPad mini 4が初めてです。

以前 iPhone 6sに限りですが突然シャットダウンする問題に対する交換プログラムがありましたけど iPad mini 4では 聞いたことがないように思います。

ということで一度原因と改善策を Appleサポートに尋ねてみることにしました。

定番の対処法

Appleサポートでは まず以下を試すよう促されました。

iOSのバージョンを最新にアップデート
iPadの再起動
iPadのリセット(手順はこちら)

iOS端末の利用年数が長い方だと サポートに問い合わせる前に 上記の対処方を既に試してることが多いのですが ワタシも例に漏れず この3点セットでの措置は対処済みでして、原因不明のシャットダウンは 上記の手順だと改善されませんでした。

バッテリーが損傷したのか?

次に問われたのは バッテリーです。

過度な温度下での使用はなかったか?

iPhoneや iPad(Macもですが)は 極度な温度差があると 突然シャットダウンすることがあるそうです。

Appleサポートページでは以下のように記載されています。

Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C~22°Cです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。損傷を受けた場合は、そのバッテリーが一回の充電でデバイスを駆動できる時間が通常よりも短くなります。周囲温度が高い場所でデバイスを充電すると、より深刻な損傷を与えることもあるので注意してください。推奨されるバッテリー温度を超えると、ソフトウェアが80%以上の充電を制限する場合もあります。
引用:Apple - バッテリーの駆動時間と耐用年数を延ばす

iPad mini 4の調子が悪くなり始めたのは数週間前からです。

確かに ここ数週間は暑い日が続いており サポート文書に記載してある35℃に近い日はあったのかもしれませんが 今回 手持ちのiOSデバイスで不具合が発生しているのは iPad mini 4のみです。

35℃やそこらで バッテリー損傷になってしまうのであれば 酷暑の日本だと Apple製品の全てのバッテリーが使えなくなってしまう恐れがありますねw



バッテリーの科学的往年劣化

結局 Appleサポートからは バッテリー交換(有償)を勧められました。

頻発するシャットダウンは やはりバッテリーの往年劣化が原因なんだそうです。

Appleのサポートページには以下の記載もありました。

バッテリーの充電残量が少ない、化学的経年劣化が進んでいる、周囲温度が低いといった状況下では、突然のシャットダウンが起きる可能性が高くなります。極端な場合はシャットダウンが頻繁に起こり、その結果、デバイスが不安定になって使えなくなることもあり得ます。
引用:iPhoneのバッテリーとパフォーマンス

iPadはバッテリー管理機能がない

サポート文書には こうも記載されていました。

iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus では、iPhone を継続して使えるようにするために、iOS がパフォーマンスの瞬間的なピークをダイナミックに管理し、突然のシャットダウンを防ぐようになっています。ちなみに、このパフォーマンス管理機能は iPhone 固有のもので、ほかの Apple 製品には適用されません
引用:iPhoneのバッテリーとパフォーマンス

iPhoneには 突然のシャットダウンを防ぐ管理機能がついているが ほかのApple製品には 管理機能がついていないと記載されています。

手持ちの iPhone Xをみてみますと

確かにバッテリーの最大容量や  突然のシャットダウンを防ぐピークパフォーマンス管理機能が搭載されていました。

では iPad mini 4というと

充電レベル(%)の確認はできますが ピークパフォーマンス機能は やはり搭載されていません。

ココがポイント

iOS 12.1の iPhone 8以降の機種では ハード、ソフト面ともに進化した設計になっているためパフォーマンス管理機能は目立たないようです。

バッテリー診断アプリでは

一応 Battery Careというバッテリー診断アプリも試してみました。

バッテリーケア(Battery Care)
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥240

バッテリー残量がある状態なのに残量「0」と表示されているので ちょっと当てになりませんが バッテリー交換と表示されています。

ココに注意

Battery Careは iOS12以降で診断結果が不安定になるとレビューされていますので自己責任でお願いします



iPad mini 4 バッテリー交換費用

ワタシの iPad mini 4は 購入から3年以上も経っているので AppleCareを使ってのバッテリー交換ができないため 有償(実費)交換となります。

iPad mini 4のバッテリー交換費用は以下の通り。

バッテリー交換費用 製品保証内 AppleCare+ 保証対象外
iPad 全モデル 0円 10,800円(税別)

iPadは miniだろうが Proだろうが 全モデル 10,800円(税別)でバッテリー交換が可能です。

iPad miniは そのサイズ感からして他のiPadに比べると 少し安くしてほしかったのが 本音ですけどねw

iPad miniより一回り小さい iPhone XS Maxのバッテリー交換費用は 7800円です

iPad mini 4 シャットダウンの原因 まとめ

今回見舞われた「頻発するシャットダウン現象」は おそらくバッテリーの科学的往年劣化」が原因と考えられます。

それにしても「往年劣化現象」って 突然やってくるのですね。

しかもバッテリーの交換費用miniにしては10,800円となんとも微妙な金額なため 現行のiPad mini(5世代)への買い替えも視野に入ってきます。

iPad miniシリーズは 全世代購入しているのだから iPad mini 5に買い替えるべき!と心の声が叫んでいる事は置いといたとして(笑)、片手で楽々持てる iPad miniのサイズ感は 9.7インチ以上のiPadよりもフットワークが軽く間違いなくワタシは重宝していますので 近いうちに修理すべきかの結論を出そうと思います。

先のWWDC 2019では iPadOSなる新しいOSが発表になりました。
iPadOSには iPhone同様 バッテリー管理機能が搭載されてほしいものですね!

-iPad
-, ,

Copyright© Pleasure!! , 2019 All Rights Reserved.