Apple ファッションの情報発信ブログ

Pleasure!!

Apple iPad

新型iPadも 発表されましたが 防水・耐水性能は実装されず?

2017年3月23日

2019年9月11日 Apple新型のiPad(第7世代)を発表しました。

iPadは 初代が発売されてから これで7代目ということになり Apple Pencilスマートキーボードに対応、画面サイズが 前モデルよりも大きい10.2インチとなりました。

価格的にも34800円〜とさらに購入しやすくなり 今回のiPadはエントリーモデルの位置付けではありますが ほぼ上位機種との性能差が少なくなり 非常に完成度の高いiPadです。

さて 今回の新型 iPad 防水・耐水性能はどうなったのでしょうか?

スポンサーリンク

今回の新型iPadも 防水・耐水性能は実装されず

2016年に iPhone 7が発表された時には、Suicaが使えるといった事が大きな話題になりましたが、併せて 防水性能を搭載したことを発表したことに関してもかなり注目があったように思えます。

しかしiPadに関しては 防水・耐水性能の話題は あまり聞きません

そして

今回の iPadに関しても、
防水・耐水性能は 公表されず、
実装はされませんでした。

iPhone 7は 正式にIEC規格60529にもとづくIP67等級と公表

最近、観光地等に出かけると でかいiPadで写真を撮っている観光客をよく見かけるようになりました。

当然、写真撮影以外でも屋外で 使用している方は 沢山いている訳でして、iPhoneでは 耐水性能に関して正式発表した事から iPhone 7以降に発売されるモバイル端末には 耐水・防水機能を載っけてくるのが当然だと思っていましたが いまだにiPadは 耐水、防水性能に関しては 実装されていない状態が続いています。

ココがポイント

iPhoneは 7以降は 耐水(IP67等級)性能を実装しています

IP67等級とは?

深さ 1 m まで
最長 30 分間
永続的には維持されない

iPhone シリーズは 耐水性能アップ

昨年 iPhone XS、XS Maxが発表された時、あまり騒がれませんでしたが Appleは ひっそりと 耐水性能をアップさせました。

これまでは IP67等級だった耐水性能を iPhone XS、XS Maxの2機種には IP68等級(深さ2m 最長30分)を実装したのです。

iPhone XRは IP67等級です

iPhone 11 Pro/Maxの防水・耐水性能

そして2019年9月に発表された iPhone 11 Pro/Maxですが 等級は iPhone XSと変わらず IP68等級ですが 深さは4m(最長30分)適合となり前機種よりもさらに耐水性能をアップしたことになります。

iPhone 11は  IP68 等級 (深さ2 m 最長30分間) です

今後発売される iPad 防水機能はどうなる?

iPhoneiPadは 外観的には大きさのみの違いで サイズの大きいiPhone 11 Pro Maxですら IP68等級を実装していることから 技術面での搭載は可能なんだと予測ができます。

しかしながら 耐水性能を搭載した2016年の iPhone 7以降 3年の時が経っても Appleから何のアナウンスもない状況が続いていることを鑑みると iPadに 防水・耐水性能を搭載させるにはコスト面等のなにか別の問題があるのかもしれませんね。



iPadをお風呂で使うには 防水ケース!

source SONY

今回の新型iPadは  スマートキーボードにも対応しましたが 残念ながら 耐水性能は またもや見送りになりました。次回こそは 名称一新して お風呂でもプールサイドでも使えますよみたいなセールスになると かなりのユーザーが関心を持つことは間違いなしです。

現段階では iPadをお風呂で利用するには 防水ケースを利用するしかないありませんね。

iPad オススメの防水ケース

ワタシが実際に使っている防水ケースは こちら。
1年以上 ほぼ毎日使っていますが モレもなく安心して使えてます(^-^)

耐水搭載のタブレットなら

地デジチューナー搭載で IP67等級の耐水性能あり。
OSは Andoroidですが まさに全部入りのタブレット。
コレは欲しいかもw

-Apple, iPad
-,

Copyright© Pleasure!! , 2019 All Rights Reserved.